予算の立て方 式場選びの注意点 おしゃれと
ウエディングの違い
業界人の式場の選び方
ホーム中級編 > 式場選びの注意点



今は、結婚情報誌やネットの口コミ、「先輩花嫁の費用額」等色々な情報が手に入ります。結婚式場を探す際これらの情報を必死になって集めたつもりが予算オーバー・・・。

それは初めて行う事なので何が必要で何が足りないか分からないためです。ある程度の必要なアイテムは雑誌やネットに記載していますが全て載っているわけではありません。また、新郎新婦が想定している内容と式場が出す見積りは必ずしも一致していないのも原因です。

※こんな口コミに注意!
「持ち込めるものは持ち込んだので思ったより安くなりました」
使用額:50名100万円→衣装・カメラ・お花・引出物等全て
持込のため
会場の合計金額には含まれていない。当然数字は安くなります。





結婚式場を探す時に多くの方は予算を産出されています(100万円等)。
ただ、予算が決まっていても予算に合った会場を選ばれている方はごく少数です。
ではどのようにして予算に合った会場を選ぶか、

其の壱:初期見積りはあくまでもベースと心得る
其の弐:額面上と実際のアイテムを把握する
其の参:マリーシンシアを利用する


いくら情報を集めても、分からない事が必ず出てきます。
また、不明点が多くなると数字を信じて動いてしまいがちです。
動く前にマリーシンシアを利用されるのが一番です。






式場選びの順序の前に、まず式場を探す前に決めなければいけない3項目、
①予算 ②人数 ③時期

其の壱:予算に合う会場をマリーシンシアから予約
其の弐:会場見学後、見積り診断
其の参:イメージが合わなければ再度見学
特 殊:お二人から会場の提案も可


※あくまでもご参考ください、
お二人からイメージとご予算をヒアリングしてから会場をご紹介します。
ご紹介した会場がイメージと合わない、もう少しランクを上げて見学する事も可能です(50名200万円の会場→50名300万円の会場見学)。
「海が見える」や「大聖堂」、「ガーデン付」等のご希望だけで会場をご紹介してしまうと予算が合わないケースもありますので注意が必要です。




予算の立て方 式場選びの注意点 おしゃれと
ウエディングの違い
業界人の式場の選び方