予算の立て方 式場選びの注意点 おしゃれと
ウエディングの違い
業界人の式場の選び方
ホーム中級編 > おしゃれとウエディングの違い




最近では色々な結婚式が増えてきています。披露宴、1.5次会、食事会、レストラン、ホテル、結婚式場等新郎新婦の数だけ結婚式のカタチがあります。しかしどんな結婚式のカタチでも変えてはいけない事があります。「おしゃれとウエディングの違い」とはどういう事かご紹介しましょう。



結婚式に参列される方が一番気にしているのは「お料理」、会場がおしゃれ・ドレスが最新等いわゆるお二人に関わるアイテムに予算を割きすぎてゲストへの配慮が欠けるのがNGです。すべてにおいて希望通りにされることにこしたことはありませんが、ご祝儀を頂きながら料理を削ったり引出物を付けなかったり等はクレームに繋がります。
注意:予算内に収めるために削る候補となるアイテム第一位はお料理※マリーシンシア調べ
削るアイテムがなくなるとどうしても料理を下げる傾向にあるようですので注意が必要です。





究極の「一見商売」であるブライダル業界。そんな業界人が自分自身の結婚式で式場を選ぶポイントとなるのはどんな事でしょう。

ポイント1:融通性が利く
ポイント2:時間をたっぷりと使わせてくれる


人によって優先事項は変わりますが、やはりポイントが高いのは「融通性」が利く会場。あれもダメ、これもダメ等「決まり事なので」という規約が雁字搦め(かんじがらめ)の会場は選ばないよう。
次に「時間」、これは実際に結婚式をしてみないと分からないと思われがちですがよく調べると分かります。
土日祝日がメインのブライダル業界では一日の婚礼件数によって1組あたりの使用時間枠が決まっております。招待したゲストが写真撮影したくても「時間が限られて」いれば、それも叶いません。
招待したゲストとゆっくりと時間を共有する、そうした目に見えないポイントを重要視しているようです。







予算の立て方 式場選びの注意点 おしゃれと
ウエディングの違い
業界人の式場の選び方